松濤美術館 白井晟一入門へ

尊敬する建築家の一人、白井晟一の展示会へ。 本人設計の松濤美術館での展示。 久しぶりの非常に充実した時間を過ごすことができました。

住宅街の中にあるため、外部には窓を最小限に抑え、中庭(水庭)吹抜けからの採光を確保しています。

エレベーターホールから中庭方向を見る。

曲線と陰影が何とも言えない、繊細で美しい階段室。

細部まで繊細に設計されているのが窺えます。

以前見た原爆堂の展示もありました。 計画案ではありますが、白井晟一の建築の中でも上位に入る好きな建築です。 以前のブログ 次回の第2部では、松濤美術館そのものに焦点をあてた、白井晟一がイメージした当初の姿に近づけた美術館そのものを見ることができます。 その状態の空間もぜひ見てみたいです。

KAMOSU

エキサイトの過去ブログ

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示