桑名訪問・1

先日、家具工房TERAMOTOの寺本さんからの仕事のご相談も兼ねて桑名へ。


師が設計した寺本邸に2泊させていただき、師が設計したアートスペースいが、奈良(北山十八間戸、東大寺、慈光院、浄瑠璃寺)と内藤廣設計の海の博物館、六華苑と贅沢にも久しぶりに多くの建築を見ることができました。


その中の六華苑は、自分のルーツを辿るとトップにおられるジョサイア・コンドルの設計。

※ ルーツの詳細は過去ブログへ

何か感慨深いものを感じます。 今後も桑名と長くお付き合いしたいものです(笑) せっかくなので当日は始発で桑名に向かい、その足で伊賀、奈良へ。

まずはアートスペースいがへ。

ART SPACE IGA

アートスペースいがの向かいにある「寺村清雅堂」(左側)は、伊賀で5代続く古美術商。

国から有形文化財として登録された歴史ある建造物。 その建築に倣うように庇が道路に沿って廻っており、景観形成に寄与しています。

庇下


ギャラリー

内部は天井が高く、天窓からの淡い光が来る人を迎えてくれるようです。 次は、北山十八間戸へ。 奈良の北山宿 (奈良市川上町坂ノ上)に現存する日本最古のハンセン病の施設。 鎌倉時代創建、1567年に東北で焼失したものを、過去に倣って移築、再建されたようです。



佇まいのきれいな棟割長屋、切妻本瓦葺き。 いや~いいですね、やっぱり!

瓦のケラバの納めがきれいで気になるところ(笑) 瓦葺きをご希望の方、ぜひ設計依頼お待ちしています!! 次は東大寺へ。 桑名訪問・2につづく KAMOSU

エキサイトの過去ブログ


閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示