桑名訪問・5 完

最終日は早朝散歩にて発表されていない?内藤廣設計の建築をちらっと。

その後は旧諸戸清六邸の和館とジョサイア・コンドル設計の洋館のある六華苑へ。

締めは、桑名の家から近い多度大社へ。 天照大神の御子神である天津彦根命(あまつひこねのみこと)が祭神であることから、伊勢神宮との関係が深い神社です。 伊勢神宮にも行きたかったのですが、今回は時間的に厳しく諦めました。


建築は当然ながら、最近は土中環境がどうなっているかも気になるように。 空気や水の流れがどう動いているか想像を膨らませています。 特に神社仏閣に訪れるとより気になります。

よく見ると根上がりを起こしている木々を多く見ます。 東大寺でも多く見受けられました。 根上がりの対処方法を施したら、もっと空気が良くなるんだろうなと。 建築目線だけでなく、土にも目が行くようになったことは設計をする上でも非常に役に立っています。 5回にも及んでしまいましたが、もっと多くの視点で建築に触れていきたいと思う今日この頃。 また、奈良にも行きたい建築が山ほど。

次回はいつになるやら・・・

KAMOSU

エキサイトの過去ブログ



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示