自然農の田んぼ 脱穀・唐箕

20221104 稲刈り後から晴れ間の続いた12日後の脱穀・唐箕の作業。 馬場さんの指導の下、脱穀機と唐箕機をセッティング。


乾燥した稲。


こんな感じ。 少し食べてみて、感覚を覚える。

乾燥しすぎにも注意しなければなりません。


準備完了。

いよいよ脱穀


そして、唐箕作業も終了! 昨年の様子

4×16の田んぼで、籾付きの状態で20キロ強は取れました。 籾摺りをして何キロ残るかな~。

作業時間は5時間程。


最後に藁を乾燥するため、6束を束ねて立てかけます。

自宅、KAMOSUの庭の環境再生、納豆に使おうかなと。 使わない藁は田んぼに返します。


次回は籾摺りです。

KAMOSU

エキサイトの過去ブログ

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示