白井 晟一「原爆堂」展 新たな対話にむけて


6月末にぎりぎりで、 表参道 Gallery 5610 での白井 晟一「原爆堂」展に行ってきました。

核に向き合い計画された建築。

当時では、映画、文学、美術、写真、漫画などの分野からは、核をテーマに多くの作品が生まれたが、建築の分野からは原爆堂が唯一の建築。


手描き図面、パース、CGでの展示。

ずっと見ていたいほどの思うほどの図面、パース。

CGからは実際の建築を感じてみたい思いに駆られました。

ぜひともこの建築を、この今だからこそ、現実のものにしてほしい・・・。

KAMOSU

エキサイトの過去ブログ

46回の閲覧